POLYPHONIC

俳優の仕事は、自分の心と体を使って、他者を生きることだと言えるでしょう。
人は、あらゆる可能性を持って生まれてきますが、
生きていく中で自分の可能性を選び取っていきます。
この選び取るという作業は、ほかのあらゆる可能性を捨てていくという作業でもあります。
俳優の仕事は、このたくさんの捨ててしまった可能性、「もしかしたらありえたかもしれない自分」
を生きる、生きなおす、仕事だと言えるかもしれません。
俳優は、一度しかない人生で、複数の人生を選び取れる、稀有な職業なのです。
そしてまた、複数の人生という鏡に映った自分と出会い、生きている実感をより色濃くする職業でもあります。


POLYPHONICでは、いい俳優であるために何が必要か、既成の概念にとらわれずに、マンツーマンで探っていきます。
20年以上、たくさんのプロの俳優たちと演劇の現場で仕事をしてきました。そこで感じてきたは、稽古の仕方は俳優の数だけあるということです。

また、私塾を開設してから三年、幾人もの俳優を目指す若者に出会い、また、俳優として新たな自分を探る熟年たちと出会い、さらにその思いを強くしています。

伝え方、教え方は、俳優の数だけあるのだと。


それぞれ違う心を持ち、違う生活体験を持ち、違う環境で育っている。それぞれ違う肉体を持ち、違う声帯を持ち、違う容姿で生きている。
だからこそ、俳優と導く者(演出家)とが丁寧に出会い、個々に必要な稽古を探っていきべきだと考えています。

まずは、他者を演じてみましょう。
語りかけたい人や世界が、大きく遠ければ、
大きな声が必要です。
そこに、壊れてしまいそうな心があるなら、
命の通った囁き声が必要かもしれません。
難しいことを語るなら、複雑な真理を求めるなら、
明晰な日本語が必要かもしれません。
現代の若者を生きるなら、
現代の若者の言葉のリアリティーが必要かもしれません。

シェイクスピアをやるなら、チェーホフをやるなら、ベケットをやるなら、ギリシャ悲劇をやるなら、テネシー・ウィリアムズをやるなら、三島由紀夫をやるなら、三谷幸喜をやるなら、野田秀樹をやるなら、現代口語演劇をやるなら、
……と考えると、偏った演技術などいりませんね。
そして、どれも面白そうです。
しっかりと舞台に足をつけて、作品に出会っていきたいものです。稽古場で、稽古の中で、手に入れたいことが、
どんどん出てくるはずです。


POLYPHONICは自由です。
POLYPHONICでは、募集にあたって、年齢制限を設けません。今までも、20歳から60代まで、幅広い年齢層の方が通ってくれました。そして、年齢を超えた仲間たちと、作品を創ってきました。
健康な心と体があれば、稽古を始めることができます。
また、少人数の私塾になりますから、稽古の時間や頻度、参加の仕方も、話し合いながら決め ていきます。
それぞれが、無理のない状況で稽古に臨めるように気配りできるのが、小規模な 私塾のよいところだと言えるでしょう。
1年間、演技のことだけ考えて暮らしたい人には、とことんつきあいましょう。

私の稽古は、とにかく声を出します。体を動かします。

半年くらい通ったところで、自分の体と声が変わってきたことを感じられるでしょう。「継続は力なり」は、自分で実証できる言葉です。
たくさんの戯 曲に立ち向かい、たくさんの台詞を覚え、たくさんの他者を生きてみましょう。
ダンスが必要 になる場合、歌が必要になる場合があるでしょう。その時には、一流のトレーナーが稽古に参 加することになるはずです。
穏やかに演劇と出会いたい人には、ゆっくりしたペースのカリキュラムを組みます。個人レッ スンがよい場合もあるでしょう。



わたしは、新しい俳優との出会いを待っています。

                   石丸さち子